交通事故被害者は弁護士をつけ、妥当な賠償を得るべき

交通事故の件数は膨大で、誰もが、いつ被害者となるかわからない状況です。


交通事故に遭う確率は数字では非常に低いものの、決して人ごとでいられることではありません。

エキサイトニュースサポートと断言できます。

被害者となった場合、たいへんな苦境に陥ることが多いからです。

重傷の被害者の3割は、交通事故後、うつ病やPTSDなどの精神疾患を発症します。


そうなって当然の現実があります。
自賠責保険で一定の補償がなされることで、あまり同情されることもない境遇です。
しかし、実はたいへん理不尽な状況に置かれやすく、どこにも頼れず、八方ふさがりになりやすいのが現状です。

頼れるのは、被害者自身が依頼した弁護士だけです。



弁護士以外、誰からも必要な助言は受けられないものです。交通事故に詳しい弁護士なら、なすべきことをタイムリーにアドバイスしてくれます。


依頼すれば、被害者に代わってさまざまな対処をしたり、交渉に当たったりもしてくれます。

被害者自身は右も左もわからないわけですから、被害者自身がおこなったとしても、それが被害者の利益になることかどうかはわかりません。


しかし弁護士なら、全体像が分かっていて、しかも事情に詳しいので、被害者が不利にならないように、的確な対処ができます。



できれば、事故直後から依頼し、加害者側に受任通知が出せれば、被害者が受ける精神的ストレスのほとんどを受けなくて済みます。

交通事故被害者の精神的ストレスはかなりなものですから、これはたいへん大きなことです。