交通事故の被害者となったら弁護士に頼る

交通事故の手続や補償関係に関わる分野は、非常に専門性が高い場です。

ある日突然傷害されたばかりに、いきなりそこへ放り込まれた被害者が、ひとりで太刀打ちできることはありません。

例えば、急に市場のせりに連れて行かれ、せりに参加して対等に渡り合えと言われたようなものです。

せりの用語やシステムがわかっているのは、任意保険会社の担当者です。



その相手とひとりで対応し続けて、示談交渉成立までいくというのは、避けるべきでしょう。

対等な交渉ではあり得ないからです。



特に交通事故で重傷を負った場合は、そうした示談をすることでこうむる被害額が膨大となるので、交通事故直後から弁護士に相談することです。

ひとりで対応するのは無謀です。

いずれにせよ、弁護士の力が必要になるのですから、取り返しのつかない事態になる前に、早い時期に依頼するのが賢明です。

Girls Channelの専門知識を身につけましょう。

例えば、任意保険会社に迫られるままに症状固定をしてしまった後だったり、後遺障害認定で必要な画像が撮れなかったりしたあとだと、それだけ被害者は不利になります。


症状が一番わかっているのは被害者本人であり、症状固定時期を決められるのは被害者だけです。
任意保険会社の要請に従う必要などまったくないのです。

後遺障害認定は主治医には関係のないことですから、後遺障害認定審査に必要であっても、被害者が要望しないと、撮影されないことが多いです。
必要な画像がなんであるかを助言できるのは、弁護士だけです。