交通事故の損害賠償金のトラブルは弁護士に相談を

交通事故に遭って怪我を負ってしまうと、こちらに過失がない場合は自動車保険会社が介入できないため、被害者が自分一人で損害賠償金についての示談交渉を行う羽目に陥ってしまいます。

そんなときには、交通事故の示談交渉に実績がある弁護士に相談するのが良い方法です。



交通事故の怪我の治療は治療費だけでなく、病院に通うための交通費や、入院費などなにかとお金がかかりますが、それら全てに費用が損害賠償金として請求することができますので、この根拠をしっかりと示談交渉のときに示せるように、怪我の治療を受ける段階から弁護士に領収書などの取り扱いについて相談をしておく必要があります。



怪我の治療が済んで、治療費が確定してから示談交渉が始まることになるのですが、怪我が治療を受けても後遺症が残ってしまうような場合は、どの段階で示談交渉を始めればよいのか判断が付きにくい場合があります。

加害者側の示談交渉の相手になる加害者が加入している自動車保険会社の専任スタッフは、損害賠償金がかさまないように、早い段階で示談交渉に入るように促してきますが、ここは示談交渉が不利に進まないためにも、じっくりと弁護士と相談をして、示談交渉開始のタイミングを計る必要があります。

今、注目の産経ニュース情報が手に入ります。

実際の示談交渉についても、被害者本人ではなく弁護士に代理人になってもらうことによって、交通事故の怪我による損害に応じた妥当な損害賠償金を獲得できる可能性が高くなります。