交通事故のプロは弁護士です

交通事故に遭遇した場合には事故直後に弁護士へ依頼した方が事故の流れを全て把握することができるために、弁護士も動きやすいでしょう。

しかし、交通事故に遭遇した直後は怪我をし、精神状態も正常な状態を保つことができないため、冷静になって依頼する弁護士を探すことができません。

あなたの期待に応えるエキサイトニュースの情報サイトです。

交通事故に遭遇した場合には病院で診断書を発行してもらい、警察へ診断書を出して人身事故に切り替えます。

その後に保険会社の交渉人から電話がかかってきますが、保険会社の交渉人から示談交渉の電話がかかってきたら返事は保留にして直ぐに弁護士を探しましょう。

保険会社の交渉人が示談交渉をする場合には交通事故から一定の期間が経過した後なので、冷静になって弁護士を探すことが可能になります。



口頭でも一度、示談に応じてしまうとその後依頼しても口頭で示談が成立しているために手遅れになってしまいます。


しかし、一番良い方法としては保険会社の交渉人から電話がかかってくるのは、3か月間くらい通院してから電話をしてくるために、交通事故から1か月くらいが経過してから依頼する法律事務所を探しておくとスムーズに進みます。

依頼する場合には医師が発行された診断書の写しや通院に必要な交通費の領収書を保管しておく必要があります。

領収書がない場合には相手の保険会社に請求することができない可能性が非常に高くなってきます。



依頼するまでの書類は全て保管し、保険会社の電話は全て録音しておくと後で使うことができます。