交通事故の弁護士がついて初めて得られる妥当な賠償

交通事故の損害賠償には、治療費や休業補償など、金額がはっきりしている項目の他に、慰謝料という漠然とした項目もあります。
これは肉体的苦痛、精神的苦痛に対する賠償となります。


後遺障害が残ったら、金額のつけようがないほどの苦痛です。
後遺症が残らなくても、膨大な時間が失われ、体の自由が利かない日々を過ごし、肉体的苦痛も続いたわけです。

こうしたことへの補償額をどう決めるかです。

交通事故の件数は膨大であるため、ケースバイケースでの対応は難しいのが現状です。
そのため、類型化してある程度大きく分類し、そのうえで基準を定めています。
はっきりとした数字で決めていて、公表もされています。

基準は3つあります。

自賠責基準、任意保険基準、裁判基準です。


自賠責基準は、賠償能力のない加害者が、任意保険に加入していなかった場合、被害者に最低限の補償をするために決められている基準です。任意保険基準は、被害者が気にする必要はありません。

livedoorニュースのための情報を提供するサイトです。

裁判基準は、裁判をした場合に出される判決をもとにした基準です。

被害者が実情に即した妥当な賠償を求めて提訴し、得られた判決での額が基準となっていますから、これが被害者にとって、得るべき基準額ということになります。しかし、被害者が個人で示談交渉していても、裁判基準での賠償を得ることはできません。裁判基準は弁護士基準とも呼ばれていて、弁護士がついたときに初めて適用される基準です。



交通事故の示談は弁護士に任せることです。