交通事故で重傷を負ったら、必ず弁護士に相談を

交通事故の被害に遭ったら、事故直後から弁護士に依頼するのが理想ですが、特に、重傷を負った場合は必ずそうすることです。

突然そのような状況に陥った被害者も家族もそれどころではないでしょうから、周りの誰かが代わりに弁護士に依頼することが望まれます。

とは言え、かなり近しい関係でないと、そこまでするのは難しいでしょう。

できればあらかじめこうしたことを小耳にはさんでおいて、家族の誰かがそうできるようにしておきたいところです。
重傷の場合は、重い後遺障害が残ることが想定されます。一生に関わる問題ですから、なされるべき賠償は得るべきです。それがなされないまま、示談成立となってしまっている被害者は少なくありません。


加害者が任意保険に入っていた場合、任意保険会社には賠償能力が十分あるわけですから、無辜の被害者が本来なされるべき賠償をされずじまいに終わるというのは避けるべきことです。

エキサイトニュースに関する情報が閲覧できます。

しかし、現状では交通事故に詳しい弁護士が付かない限り、妥当な賠償がなされることはありません。



その現実を踏まえ、とるべき方法をとっていくしかありません。

交通事故で重傷を負った被害者であれば、たとえ弁護士費用特約が使えなくても、弁護費用を前払いしなくても、引き受ける法律事務所はたくさんあります。交通事故に詳しい弁護士がつけば、たいてい示談の場で妥当な賠償額が得られますが、裁判になったとしても、賠償額の1割程度なら、弁護費用は加害者側から支払われることが多いです。